池尻悠人

両親が福祉の仕事をしており、自分が小さい頃から両親のプライドを持って働く姿や、自分自身福祉まつり等のイベントに参加したこともあり、その頃から福祉の仕事に興味を持ち今の仕事に就きました。

若い職員が多く、仕事に対してのお互いの意見や思いを共有したり、問題や困った事があ れば一緒に考えたり相談しやすい環境だと思います。また、先輩方も優しく、時には厳しく指導して下さり、とても良い雰囲気だと思います。

施設入所支援で主に知的の障害がある利用者さんの食事や入浴、 排せつ等の介助をしたり、日中には利用者さんの趣味に合わせた活動(陶芸、カキの養殖の貝殻通し、イベントごとで掲示する作品作り等)を行っています。また、定期的にサークル活動も行っており、講師の先生を招いての絵手紙作りや体操、フラワーアレンジメント、ドッグセラピー等各利用 者さんの希望に沿った活動も行っています。年に一回日帰り・ 一泊旅行も計画しており、利用者さんと一緒に良い思い出を作らせてもらっています。

今の仕事に就き、それぞれの個性を持った利用者さん達とコミュニケーションをとることの楽しさ、また小さな出来事や些細な事でもありがとうと言ってもらえることのうれしさ、毎日の挨拶やちょっとした変化や気づきでも会話をし、コミュニケーションをとることで皆が元気になれることに気づいた事です。そのような事を日々感じる事ができ、自 分自身成長していると実感しています。

利用者さんの思いに寄り添って、また利用者さんの思いを自然と汲み取ってそれを一緒に実現していけるような支援をしていきたいです。また、介護福祉士や社会福祉士、手話にも興味があるので、手話通訳士等の資格取得を目指して頑張っていきたいです。