岡田峰花

教育実習で小学校へ行った際、特別支援学級のことを知りました。教育実習を行う中で、ちょっとした支援や環境を整えることで障害を抱えた方の可能性がどんどん広がっていく事に感動し、もっと福祉のことを知りたいと思ったことが最初のきっかけでした。
その後、地元にある平成会で障害者施設を運営していることを知り、ボランティアをさせて頂いた際、利用者さんや職員さんが温かく迎えてくださり、この素敵な職場で働きたいと思ったことが入社のきっかけでした。

職場の人は親切で優しく、困っていたら分りやすく教えてくださり、いつも助けられています。職場の人間関係や雰囲気の良さが、利用者さん達の笑顔にも表れていると思います。
また、休日やアフターファイブを利用して、職場の人たちとバレーボールやフットサルを行っていましたが、今年度から正式にチームとして登録し大会に参加しています。自分の時間が大切に出来るのも平成会の魅力の一つです。

私の勤務している事業所は入所施設で、利用者さんの生活・入浴・更衣等の支援を主に行っています。日中には各活動班に分かれ趣味の活動、踊りや、体操をしています。
また、季節に合わせてイベントも行っています。月に1回外出したり、ドックセラピーやフラワーアレンジメント等の余暇活動を行い、利用者さんが充実した毎日を過ごして頂けるよう支援しています。

担当している利用者さんが、出会った当初より笑顔が増えたことです。始めは声を掛けても逃げていかれ、日中活動等にも積極的に参加することが出来ませんでした。
しかし、毎日声を掛け、コミュニケーションをとっていく事で、少しずつ心を開いていかれました。簡単な目標を立て、達成できたら一緒に喜び合い、今では日中活動にも自分から参加されています。新しい事にもチャレンジされ、前向きに取り組もうとされる姿がとても印象に残っています。

私の目標は、福祉の資格取得に挑戦し専門知識や技術を身に付け、よりよい支援が行なえる支援員になることです。また、社会人としてもまだまだ未熟なので、職場の先輩方のいいところたくさん真似て学び、尊敬できる先輩方に近づけるよう頑張りたいです。