白雲智加

もともとは体育教師になるのが夢でしたが、教員の養成課程に介護等体験実習が組み込まれていて、障害者施設の実習に行く機会があり、障害のある人たちと関わる中で「人の役に立つ仕事がしたい」という思いが芽生え、縁があり今の職業を選びました。

利用者さんと会話をしていると自然に笑顔になれ、場が和みとてもいい雰囲気になります。また、先輩職員はとても優しく、私がわからないことがあるとわかりやすく教えてもらえます。
職員のチームワークがとれていて、働きやすい職場です。

18 歳以上の方が通う生活介護で、身のまわりの介護や創作的な活動やレクレーションなどの活動を提供しています。季節を感じながらみんなで散歩をしたり、楽器演奏や歌を歌って盛り上がったりと笑顔があふれる時間があったり、足浴でゆったりリラックスをしたりと様々な活動をしています。その他個々に合わせた活動プログラムを組むことで、充実した 1 日を送っていただき、「来てよかった。また明日も来たいな。」と思ってもらえるよう支援をしています。

利用者さんそれぞれの目標があり、その目標に近づくためのステップとしての取り組みを行っているなかで、完璧に達成されていなくても、少しの進歩がみられると「すごい、うれしい」とご本人と一緒に感動ができます。その成長が自分の目で見れたときは “この仕事につけてよかった” と感じます。

デイセンターこだまのテーマである「けんこうづくり、いきがいづくり、ゆめづくり」を少しでもサポートできるよう、スキルアップしていきたいです。