山本一成

学生時代に平成会でアルバイトをしていて職員の方の対応や支援を見て素晴らしいなと思い、平成会の一員となって仕事をしたいと思い就職しました。

業務中は支援の事を考えきびきびとした雰囲気です。仕事の悩みや支援についての相談も気軽にできる、チームワークが自慢の職場です。

ヘルパーと言えばご自宅で身体介護や家事援助のイメージが強いかと思われますが、他にも福祉サービスの支給決定を受けている利用者さんと一緒に外出等の余暇活動の支援や通院支援を行っています。
外出の内容は平日に学校や活動が終わった利用者さんと一緒にプールや公園で身体を動かしたり、個別外出やグループで一日外出にも出かけています。

ある利用者さんとの話ですが、その方とは個別に外出に行かせてもらっています。最初は思いや訴えに寄り添うことが出来なくて、本人さんがイライラされ走られたり大きな声を出されたりしていましたが、スケジュール表の作成をし、見通しが持てるようになると落ち着かれ外出ができるようになりました。そしてある外出の帰りにその方が「ありがとう」と言ってくださりました。その言葉を聴いたときにこの仕事をしてよかったなと思いました。

まだまだ支援員としては未熟ですが、自己研鑽に励み様々なことを学びたいです。(国家資格の取得など)ヘルパーとしては利用者目線に立ち楽しいこと、嬉しいことを共有でき、また一緒に外出をしたいなって思われる職員になりたいです。